Home > 福祉の仕事はやりがいが大いにある

福祉の仕事はやりがいが大いにある

福祉の仕事は、平成12年4月の介護保険法施行以来、非常に多くの人が携わる仕事になってきました。さらに専門性も求められるようになる他、困った人への手助けという意味合いも強くあることから、そこにやりがいを求める人も多くいます。

このやりがいこそが、福祉の仕事を行う人の支えになっていると言っても過言ではありません。介護が必要な人、障害を持っている人などへの手助けにより、そうした人たちがより心を豊かに生活が送れるようになりますし、彼らの笑顔が励みになって仕事を続けられると思う人も大勢いるものです。

無論、福祉の仕事は楽ではありません。賃金や処遇の面で大変だと感じることも多いでしょう。しかしながら、彼らが存在しないことにはすでに成り立たなくなっている社会です。賃金等の面でしっかりと処遇を行うことは政治や行政が決めることですが、それ以上にやりがいを現場に求めなければいけない社会ともなっています。やりがいこそが福祉の仕事を支えるものです。

今後、福祉についてはいろいろと問題が生じていますのでそれらの問題解決にはまだ時間がかかることでしょう。しかしながら、政治と行政と現場とでしっかりと問題意識を共有することで、少しずつ解決につながると見られています。