Home > 調理や栄養に関する業務

調理や栄養に関する業務

福祉の仕事に調理や栄養に関する業務があります。一般的には管理栄養士や栄養士のことを指します。管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けることになります。仕事内容は傷病者に対し、療養目的の栄養指導です。一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けることになります。こちらは幅広い意味での栄養指導を行うことができる仕事です。

働く場所はいろいろあります。病院や福祉施設、学校などが主な場所です。最近は高齢者の福祉施設が増えてきていることもあり、高齢者向けの福祉施設からの需要が高まってきています。栄養管理や給食管理を行うことが主な仕事です。介護保険施設ともなれば、介護保険法に基づいた形で常勤の栄養管理士が配置されることになっています。そのため、永久就職も可能と言えます。

学校での主な仕事は、いわゆる学校給食の管理です。子どもたちへの栄養管理や食育などを行っていきます。アレルギー体質の子どもが増えてきているため、以前よりも今は管理がちょっと大変になってきています。