Home > 生活に関する相談、支援業務

生活に関する相談、支援業務

福祉の仕事には高齢者や身体障害者などの介護を行う介護福祉士が一般的に知られていますが、その他にもいろいろな仕事があります。例えば、生活に関する相談を受けたり支援業務を行ったりする福祉の仕事もあるのです。

この仕事は、社会福祉士という資格を取得している人が行えることになっています。こちらも介護福祉士同様、国家資格です。働く場所は、高齢者福祉に関わる施設や病院などの医療施設が主な場所です。他には、福祉事務所や児童相談所なども挙げられます。職場での名称は社会福祉士ではありません。一般的にソーシャルワーカーや相談員と呼ばれることになります。

身体的な問題や環境上の問題などから日常生活を送るには支障が出てしまうという人たちにとって、良き相談相手となってくれる立場です。そのため、相談者に対して親身的にアドバイスし、有効的な方法を考えられるような人がふさわしいと言えます。相談に乗るだけではなく、行動に移すこともあります。