Home > 福祉の仕事に関する資格

福祉の仕事に関する資格

福祉の仕事に関する資格は、さまざまです。まず、直接、介護に関するものとして、介護福祉士や介護職員初任者研修があります。介護福祉士は、国家資格で、国家試験に合格しなければ取得できない資格です。介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級に相当するものです。

どちらの資格もケースとしてはごくわずかですが、現場で働きながら取得するという道もあります。そのほか、福祉の相談援助にあたる社会福祉士、介護保険の要介護度に応じたケアプランを作成する介護支援専門員という資格もあります。社会福祉士は国家資格、介護支援専門員は、医療や福祉関連の国家資格保持者が実務経験5年以上などの条件を満たせば、受験できるものです。

また、福祉住環境コーディネーターという資格もあります。これは、車椅子の人や介護を必要とする人の住空間の調整にあたることを主な仕事とします。建設会社で活かされる資格です。このように福祉に関する資格には、さまざまなものがあるのです。