Home > 高齢者や障害者のリハビリ

高齢者や障害者のリハビリ

福祉の仕事には、高齢者や障害者のリハビリを行うことも含まれます。高齢化社会となりつつあるため、この仕事は必須です。また、障害者にとってもリハビリを行うことで、健常者に近い生活を送れるようになることがあります。だからこそ、福祉の仕事は高齢者や障害者にとって重要となります。

リハビリというと医学的な面に関わるような印象を持たれていますが、それだけではありません。実際には医学的リハビリテーションの他に、社会的リハビリテーションや教育的リハビリテーション、それから、職業的リハビリテーションというものもあります。福祉の仕事に携わる人は、医学的リハビリテーション以外のリハビリをサポートするということになります。

高齢者には社会的生活がきちんと送れるようなリハビリをサポートし、障害者には社会的かつ教育的、そして、職業を持つことができるようなリハビリをサポートしていきます。こういったサポートによって、今後ますます高齢者や障害者にとって暮らしやすい社会が出来上がることが期待できます。