Home > 高齢者や障害者の介護

高齢者や障害者の介護

福祉の仕事は今とても注目されています。その理由は単純です。高齢者の数が増えてきているからです。福祉の仕事と言うと、多くの人は高齢者や障害者の介護をすることとイメージすることが多くなっています。

福祉の仕事と一口に言っても様々なものがあります。中でも有名で多いものとしては、やはり高齢者や障害者の介護をすることが挙げられます。実際にはどんな仕事をするのかと言うと、文字どおり、介護をすることです。

実際に介護をすることになる人は介護福祉士という資格を取得することになります。介護福祉士は国家資格となっているので、この資格を取得すれば公的に介護の仕事を行うことができます。

介護福祉士にもどこまでの範囲で介護ができるのかという制限があります。資格の内容に寄って違ってくるのです。単純に身の回りの世話をするだけという人や、医療に近いような形で生活の支えとなるような範囲まで行えるような人も居ます。各人の状況に合わせて、お手伝いをすることになります。