Home > 児童保育に関する業務

児童保育に関する業務

福祉の仕事はいろいろありますが、その中でも児童保育に関する業務というものがあります。代表的なものとして保育士が挙げられます。

保育士は資格取得が必要です。また、乳児から小学校就学までという0歳~6歳までの幼児を保育することになるため、専門的な知識が必要になってきます。保育士の資格を取得すると、特に更新することもないので、一生、保育士として活動することができて便利です。

保育士は女性だけではなく、男性も取得することができる資格です。最近は随分と若い男性の保育士も増えてきています。年齢に関係なく、長く働き続けることのできる資格でもあるため、とても人気があります。仕事内容としては子どもを預かることが前提です。

そして、保育園で生活習慣の指導をすることになります。主に集団生活の仕方や規則正しい時間の使い方などを教えることになります。働く女性が増えてきたこともあり、子どもを保育園に預けることが多くなってきているため、保育士の需要は高いと言えます。